コンセプト1 完全オリジナル

内藤泰弘率いるフィギュアブランド「トイトライブ」が、理想のアクションフィギュアを制作する、という構想から誕生した汎用関節パーツ「リボルバージョイント」。

その可動性能を120%活かすための素体として開発されたのが「アッセンブルボーグ」です。

これまで、アニメや漫画、ゲームといった原作を持つ玩具が主流でしたが、「アッセンブルボーグ」はかつての「ミクロマン」や「トランスフォーマー」のような、原作を持たない玩具発信のオリジナル企画です。

ユーザーの自由な発想でパーツを組み換え、自分だけのオリジナルキャラクターを生み出す。それがそのままドラマになり、自分だけのストーリーになります。

手の中から誕生する小さくて無限大の世界、それがアッセンブルボーグなのです。

 

コンセプト2 究極のアクションフィギュア

低価格×毎月15日発売×山口可動をコンセプトに、海洋堂が世に送り出したアクションフィギュアシリーズ『リボルテック』の造形を担当する山口勝久が基礎となる素体を制作。

シンプルの極みとも言えるアッセンブルボーグの素体は、あらゆるアクションに対応できるポテンシャルを秘めています。

それは、計算されたリボルバージョイントの角度によるもの。「腰の入った」ポーズが決まらないワケがありません。

 

コンセプト3 これまでに無い、新しいスタイルのブロックトイ

アッセンブルボーグの最大の特徴は、「関節をすべてリボルバージョイントでつないでいる」構造にあります。

リボルバージョイントの差し込み軸は、すべて3ミリ径。そして武装パーツのあちこちにも同じ3ミリ径の軸穴が開いていて、自由な発想で組み換えることができます。

上腕と前腕を入れ替えたり、パーツをひっくり返したり、武器を腕や脚やバックパックに見立てる組み換えも楽しめます。

アッセンブルボーグ”第5章”では、「怪人」をコンセプトに異形のモンスターをラインナップ。
豊富に付属された武器パーツを装着できるだけでなく、腕や脚を入れ換えることで大きくシルエットを変えた”変身”が可能となるのです!

もちろん他のキャラクターと組み合わせて広がるバリエーションはこれまで以上!

 

コンセプト4 ネット通販専用アイテムです!

アッセンブルボーグはすべてこのサイトから発信される特殊なアクションフィギュアです。もちろん購入できるのもこのサイトだけ。

作品や世界観はオリジナルで、販売方法も通常店舗や他のネットショップでは手に入らない当サイト限定商品となっています。

ただし実際に触ってからじゃないと、というユーザーに向け、海洋堂の直営店「ホビーロビー」では各アイテムや組み換え作例の展示をはじめ、試遊サンプルを触っていただくことができる「アッセンブルボーグショップ」として大好評営業中です!

実店舗で買えるのはホビーロビーだけです。

 

 

リボルバージョイントとは

何度動かしても「ヘタらない」、乱暴に扱っても「壊れにくい」、あらゆる関節になる「高い汎用性」、動かせば「カチカチ快く動く」という要素を盛り込んで開発された、新発想の可動パーツ。10ミリ、8ミリ、6ミリの3種の径を持った球体から、双方向に軸が生えたシンプルな形状なので、ヒザ関節でもマントでもハッチでも、動く部分ならどこでも馴染み、広い可動範囲を誇ります。

 

リボルテックとは

カチカチ動く関節ユニット「リボルバージョイント」を使用した、アクションフィギュアシリーズの総称。メインコンテンツの”リボルテック・ヤマグチ”はついに100種以上のラインナップを数え、国内のアクションフィギュアでは類を見ない大河シリーズへと成長しました。さらに2010年春からは古今東西のSF(空想科学)キャラクターやガジェットを取り上げた”特撮リボルテック”がスタート!毎月2回(1日、15日)定期的に発売される『月刊フィギュアコレクション』として、ますます広がり続けます!

 

ホビーロビーとは

現在オタクカルチャーの発信地として海外からも注目を浴びる東京・秋葉原に位置する、海洋堂の直営店にして唯一のアッセンブルボーグ販売店舗。ネット通販がメインの購入方法となるアッセンブルボーグですが、ここでのみ実際に商品を手に取り、ご自身の目で確かめることができます。店舗には自由に組み換えができる試遊サンプルも多数ご用意しており、この新フィギュア”アッセンブルボーグ”の可能性を感じた瞬間に購入していただくことが可能です。

 

奥が深い

フィギュアの世界って本当に奥が深いですよね。知らない方はどれも一緒に見えるかもしれないですが、色々なフィギュアがあるんですよね。

最近はフィギュアの価値も上がってきていて、高いものは数十万円するようなフィギュアもあるぐらいですからね。

私もこの間購入したのは、1体15万円もするものでした。フィギュアに15万円も出すなんて勿体ない、って思う人も多いと思いますが、好きな人からしたら15万円なんて安い方ですよね。